人工知能と機械工学、未来をつくる技術を創出

ニュースNews

2022年10月
10月9日~12日に開催された2022 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (IEEE SMC 2022)において,内藤健司氏(マシンビジョン研究室・M2)がBest Student Paper Awardを受賞しました.
Kenji Naito and Koh Kakusho「Segmentation of Indoor Daily Living Environments into Regions Used for Different Purposes」
2022年10月
9月14日~16日に開催された第38回ファジイシステムシンポジウム2022(FSS2022)において,越智健太氏(神経知能工学研究室・M1)がFSS優秀発表賞(Fuzzy Special Session Presentation Award)を受賞しました.
越智健太「他者への信頼度が過誤記憶生成へ及ぼす影響」[賞状]
2022年10月
10月4日~31日まで開催されているイノベーションジャパン2022-大学見本市&ビジネスマッチング-Online(大学シーズ展示)にて,中後大輔教授(サービスロボティクス研究室)の研究が展示中です.
◆人に寄り添う動作支援技術(起立支援装置・車椅子)
2022年9月
9月12日~14日に開催された国際会議 25th the International Conference on Climbing and Walking Robots and the Support Technologies(CLAWAR2022)において,中後大輔教授(サービスロボティクス研究室)らの発表がLocal Organising Committee Award, Environmental Robotics Application for Sustainability, 1st Prizeを受賞しました.
[賞状] [ChairであるOsman教授(ロンドンサウスバンク大学)と中後教授]
Daisuke Chugo1, Yuya Miyazaki2, Satoshi Muramatsu3, Sho Yokota4, Jin-Hua She5 and Hiroshi Hashimoto6, "Human models simulating the physical conditions of the elderly individual and standing assistance method based on these models," in Proc. of 25th the Int. Conf. on Climbing and Walking Robots and the Support Technologies, pp.604-616, 2022.
1 関西学院大学工学部
2 関西学院大学大学院理工学研究科修士1年
3 東海大学情報理工学部
4 東洋大学工学部
5 東京工科大学工学部
6 東京都立産業技術大学院大学
2022年6月
ソニーグループ合同 データ分析コンペティション(for Recruiting)大気中の汚染物質濃度の予測に挑戦しよう!において,山岡大輝氏(人工知能研究室・M2)が,1661名中3位入賞をはたし,6月23日に受賞講演(zoom)を行ないました.
2022年6月
大学案内「空の翼 2023」に岡留 剛教授(人工知能研究室)の研究紹介が掲載されました.[記事] [工学部案内]
2022年4月
河野恭之教授(ヒューマンコンピュータインタラクション研究室)が情報処理学会より2021年度フェローの称号が贈られました.この称号は,情報処理および情報通信等の分野で学術的または産業的発展・普及・振興などに著しい貢献をした学会員に授与されるものです.
対象業績:「体験記録に基づく記憶拡張支援のためのインタラクション技術と実世界センシング技術の開拓」[フェロー認証状] [情報工学課程 感性工学研究室の長田典子教授も同時決定-写真-]
2021年4月1日
工学部 知能・機械工学課程発足.

人工知能と機械工学の基礎から応用までを学べる工学課程

知能・機械工学課程では,人工知能と機械工学の基礎的事項から,機械システムの知能化のための多彩な知識・技術を学べます.さらに,機械学習を核とした人工知能システムと,数理モデルや生体機構に基づく機械システムとの異分野統合型の設計・開発技術を修得できます. また,知能との融合による機械システムなど,人工知能と機械工学の両方にわたる最先端分野の研究を体験できます.

研究領域Research Field

教員紹介

カリキュラムCurriculum

受験生へFor Entrance Examinee